4/28(SAT) AIR MAX 95 ATMOS JADE. "WE LOVE NIKE"

4/28(土) atmos × NIKE “WE LOVE NIKE”の発売を記念し、本日4/24(火)より Sports Lab by atmos 新宿にて SHOEBOXデザインを纏った店内公開。今作のNIKE AIR MAX 95 ATMOSのデザインにも取り入られている歴代のNIKE AIR MAX BOXのデザインをそのまま装飾したスペシャルな空間となっています。

 

今回のプロジェクトは、AIR MAX 1“ ATMOS ELEPHANT ”のキーカラーである通称 〝CLEAR JADE′′の配色美を落とし込んだ atmos限定カラー。NIKE AIR MAX 95 ATMOS〝WE LOVE NIKE′′は、SNEAKER HEADSの部屋を連想させる連想させる山積みにされたシューズボックスの写真をグレースケールに 変換プリントに起こしたコレクション。 80年代、90年代、2000年代の幅広い年代のボックスミックスは僕とATMOSのNIKE愛を表現した1足です。

*販売方法はatmos / sports lab by atmos blog にて告知致します。

 

f:id:hynm_ko-ji:20180424170620j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180424170632j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180424170643j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180424170653j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180424170701j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180424170709j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180424170719j:plain

www.instagram.com

4/21(SAT) THE NORTH FACE × atmos BASECAMP SLIDE 2

4/21(土) THE NORTH FACE × atmosによる 「 BASECAMP SLIDE2 」が登場。本コラボレーションは、オーソドックスな形状の中に高機能のアクセントを加えた、アフタースポーツサンダル。 甲を押さえるストラップはTPU素材で耐久性を持たせながら、ライニングにはエアーメッシュを使用し、汗による べたつきを軽減する仕様となっております。また、足を常に中央へと導き安定感を高める立体的なフットベッド形状 を採用し、ボトムはEVA素材を使用することで軽量さを実現しています。

 

本アイテムはBLUE CAMO、GREY CAMO、WOOD CAMOの3色で展開。タウンユース、アウトドアなど様々なシー ンでお使いいただけるアイテムとなっております。

THE NORTH FACE x atmos  BASECAMP SLIDE2
PRICE : ¥5,300+TAX
SIZE :25cm-28cm(※ハーフサイズ展開無)
COLOR: BLUE CAMO , GREY CAMO , WOOD CAMO (3 COLOR )

 

f:id:hynm_ko-ji:20180416213313j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180416213318j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180416213321j:plain

www.instagram.com

4/6(FRI) ASICS × atmos GEL-INST.360 “APRICOT ICE”

 2018年3月17日のatmos.conで会場限定販売であった 「GEL-INST.360」「ブラック/オレンジ」カラーは瞬時のうち完売。次いで「ブラック/シルバー」「ホワイト×ブルー」カラーの発売を経て、 この度ピンクベージュのカラーを纏った第4弾となる待望の新色が今週末4/6(金) ASICS × atmos GEL-INST.360 “APRICOT ICE”カラーが登場します。

 

atmosではこれまで多種多様なデザインを取り入れ、様々なメーカーとのコラボレーションを行ってきました、本企画の立ち上げ時にASICSマーチャンダイザーである木村氏との話の中で、共通のワードとしてグリップしていた「今までにないASICS」というキーワード通り、既存モデルの融合というハイブリットなモデルの製作を実現しました。

 

ASICSを深く知るOGファンの方や、シリアスランナーの方にはお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、アッパーのパターンはASICSのパフォーマンスシューズのデザインからインスパイアされたもので、ASICSのレジェンドモデルへの敬意を表しつつ、素材はタンレザーを用いて 高級感のある仕上がりに。ソールユニットには「GEL-QUANTUM」をベースにGELを360°使用し、アウトソールをピンク、ミッドソールにはゲルを透明感のあるホワイト、ウレタンにもホワイトのカラーリングを施し、見た目の軽さと足裏全体のコンフォートな履き心地を感じていただけるモデルとなっています。

 

f:id:hynm_ko-ji:20180403202715j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180403202720j:plain

3/30(FRI)ASICS × atmos GEL-INST.360 ¥18,000+TAX

ASICS×atmos GEL-INST.360 待望の第三弾がいよいよ発売。2018年3月17日のatmos.conで会場限定販売であった 「GEL-INST.360」「ブラック/オレンジ」カラーは瞬時のうち完売。次ぐ3月23日発売したの「ブラック/シルバー」カラーの発売を経て、 この度待望のホワイトベースのカラーを纏った新色が登場します。

 

本企画の立ち上げ時にASICSマーチャンダイザーである木村氏と、僕で話し合った結果。共通のワードとしてグリップしていた「今までにないASICS」というキーワード通り、既存モデルの融合というハイブリットなモデルの製作を実現しました。

 

ASICSを深く知るOGファンの方や、シリアスランナーの方にはお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、アッパーのパターンはASICSのパフォーマンスシューズのデザインからインスパイアされたものです。ASICSのレジェンドモデルへの敬意を表しつつ、素材はヌバックを用いてカジュアルな仕上がりに、ライナーにもヌバック素材にすることでシューズ内のフィット性の向上を考慮しました。ソールユニットには「GEL-QUANTUM」をベースにGELを360°使用し、足裏全体のコンフォートな履き心地を感じていただけるモデルとなっています。

 

少し話は脱線しますが、スニーカーの歴史を振り返ると、NBAでは大手メーカーがリーグの規定を破って、罰金を払ってスポンサードした選手に今までにない配色のシューズを履かせ続けたことや、80年代後半までは結びつきの無かった大手メーカーとアーティストやアパレルブランドなどと異色のコラボを経て現代の成熟したスニーカーシーンを築くことが出来たのはそれぞれが持つそれまでの常識を覆す「タブー」を打ち破り続けた結果と言っても過言ではない。

 

今回ASICSという長い歴史を持つブランドが、いままでアンタッチャブルであったレジェンドモデルをベースにハイブリッドなモデルを開発するにあたって「タブー」をリスクと考えず、新しい挑戦と捉え「atmos」のエッセンスを加え開発されたのがこの「GEL-INST.360」です。東京を拠点に20年以上スニーカーを通して、「TOKYO」のスニーカーカルチャーを世界に発信し続ける「atmos」と、世界のスポーツの分野で結果を残し続けるASICSがタッグを組んで発信するこのムーブメントはお客様の身を以てご体感していただいてこそ完成するものと信じ、2018年3月30日(金)今までにない「ASICS×atmos GEL-INST.360」を発売いたします。

 

f:id:hynm_ko-ji:20180327190545j:plain

f:id:hynm_ko-ji:20180327190611j:plain

 

f:id:hynm_ko-ji:20180327190631j:plain